もしも避妊に失敗したらアフターピルで回避

アフターピルとは性行為をして体内に精子を射精されたが妊娠を望まないケースで使用されます。
モーニングアフターピルや緊急避妊薬とも呼ばれていますが、それは事前に服用して妊娠できにくい体質として使用するピルと区別するためです。
アフターピルは妊娠を回避するために効果がありますが、それにはいくつかの条件を成就しなければいけません。

まず性行為をしてから72時間以内に服用しなければ、いくらアフターピルを飲んでもその効果は得られず、通常の妊娠での活動が行われます。
性行為をして72時間以内に服用すれば含まれている女性ホルモンが排卵を送らせてくれるので、今回の性行為で精子が子宮に入ってもその着床を阻止してくれて受精卵とならないので妊娠しないのです。
この72時間以内とは受精卵が着床に要する時間なので、受精卵が着床してしまうとアフターピルを服用しても効果がないのです。

このアフターピルを使用すると高い確率で妊娠が回避されますが、女性ホルモンを薬として体に吸収させるので副作用が生じる場合がありますが、現在の薬は改良されていてほとんどこの副作用が生じなくなっています。
生じてしまう副作用としては吐き気や嘔吐、頭痛、めまいや眠気、子宮からの不正出血です。
もしも服用して2時間以内に吐き気を催して嘔吐してしまった場合には、薬の成分が完全に体内に吸収されていないことがあるため、再び薬を服用しなければいけなくなるケースがあります。

副作用は通常では24時間以上続くことはないのですが、もしも症状が治まらなかったら医療機関で診てもらって下さい。
薬が体質に合わない人もいるので、十分に注意することが必要です。
アフターピルを服用して1~3週間以内に生理のような出血が起きれば妊娠が回避されたことになりますが、この期間には個人差があるので早まったり遅くなったりします。
しかし3週間が経過しても出血が起きなければ避妊に失敗した可能性が出てくるため、産婦人科などで妊娠検査を行って確認して下さい。

アフターピルは中絶目的に使うものではありません

アフターピルとは配合されている女性ホルモンが子宮に既に妊娠していると錯覚させ、それによって排卵を送らせて妊娠をできなくしたものなので、子宮内膜に受精卵が着床した後では効果が出ません。
そのために72時間以内という制限が設けられていますが、このアフターピルの効果は80%とされているため、服用したから必ず避妊できるというものではないのです。
通常の何も使用しない場合で性行為を行った場合の妊娠する確率は8~15%とされています。
通常でも高くないのに更にアフターピルで妊娠確率が下げられるのですから、避妊される可能性として極めて高くなっているのですが、0%にはならないので妊娠するケースも見られます。
受精卵の子宮内膜への着床を阻害することを目的とした薬なので、受精卵が着床してしまうと効果がなくなります。

中絶を行う場合には別の薬剤を使用したり医療行為を施しますので、アフターピルは中絶薬ではないので中絶はできません。
中絶薬ではないので使用しても女性ホルモンが増えるだけで、望まない妊娠をしてしまったらまずは医療機関に相談して適切な処置を行って下さい。
中絶は女性の体に大きな影響を与え、それによって以後の妊娠が困難になってしまう可能性も出て来るので、アフターピルを服用すればいいと簡単に異性と避妊具を使用しない性行為をするのは避けて下さい。

この薬を服用しても妊娠してしまうのですから、妊娠を望まないのであれば限りなく100%の避妊が約束されたコンドームを男性に求めるべきなのです。
中絶を繰り返したために妊娠しにくい体質に変化してしまい、本当に子供が欲しいと願っても困難になる女性が生じています。
それに薬は自然には体内に発生しない成分を吸収してしまうので、少なからず体に影響します。
自分の体を守れるのは自分だけなので、大切な体のためにも性行為をする際にはよく考えてから行動して下さい。