アイピルを事前に入手してお守りにしておく

アイピルは、レボノルゲストレルを含有する緊急避妊薬です。
緊急避妊ピルや事後ピルやアフターピルなどと呼ばれており、性行為後72時間以内に服用することで84%の確率で避妊をすることが出来ます。
レボノルゲストレルには、排卵を抑えて受精を避けたり受精卵の着床を阻害したり受精を阻害したりする作用があり、それが避妊につながります。
望まない妊娠を避けることが出来るので、いざというときのとても強い味方となってくれます。

万が一のときに備えて、アイピルを事前に入手してお守りにしておく女性もたくさんいます。
備えあれば患いなしです。
性行為後すぐに服用することが出来るようにするために、お守りとしてアイピルを常に持っているということは有効な手段です。
高い確率で避妊することが出来るアイピルですが、完璧に避妊を回避することが出来るわけではありませんし、効果のあらわれ方には個人差があるということもきちんと理解しておきましょう。

アイピルの用法用量についてですが、性交後72時間以内に1.5mgを1回経口投与します。
24時間以内に服用すると避妊の効果が高まるので、なるべく早めに服用するのがおすすめです。
72時間以内に服用すれば84%の確率で避妊をすることが出来ますが、24時間以内に服用した場合は効果が高まるので95%の確率で避妊をすることが出来るようになります。
起こり得る副作用としては、消退出血・不正子宮出血・頭痛・悪心・閨怠感・傾眠・疲労・下腹部痛・浮動性めまい・乳房圧痛・月経遅延などがあります。

服用により体に何らかの異常があらわれた場合は、速やかに病院を受診して医師に相談する必要があります。
用法用量をきちんと守って正しい方法で服用しましょう。
妊娠中の人や1日15本以上タバコを吸う人はアイピルを服用することが出来ませんので注意が必要です。
持病がある人や他の薬を服用中の人は、主治医や薬剤師に相談してから服用するようにしましょう。

アイピルは通販で買うのがお得

アイピルは病院で処方してもらう緊急避妊薬ですが、通販でも買うことが出来ます。
事前に入手してお守りにしておくなら、便利でお得な通販を利用するのがおすすめです。
病院に行く手間も省けますし、病院から処方してもらうよりも安い価格でアイピルを買うことが出来ます。
忙しい人や病院に行くことに対する抵抗感がある人にもおすすめです。

アイピルは海外の製品ですので、個人輸入代行サービスがある通販サイトで買うのがおすすめです。
アイピルの偽物も出回っています。
偽物を買わないようにするためにも信頼できる通販サイトを選ぶことが大切です。
個人輸入は手続きが難しそう、膨大な費用がかかってしまいそう、無事に商品が届くかどうかが心配、日本語の表記が無いのでわかりにくいなどのネガティブなイメージが抱かれがちです。
しかし、個人輸入代行サービスがある通販サイトを利用すれば安心です。

個人輸入代行サービスがある通販サイトなら、面倒な手続きは一切不要ですし、安い価格でお得にアイピルをゲットすることが出来ます。
普通の通販サイトで買い物をするような感覚で気軽にお買い物を楽しむことが出来ますし、全て日本語で価格もわかりやすく表記されているので安心です。
病院に行かなくても自宅に居ながらにしてお得で便利にアイピルが買えます。

避妊薬を服用するのが初めてで不安感があるという人は、最初だけ病院で処方してもらい、2回目以降からは通販を利用するという方法がおすすめです。
妊娠を望まない場合は事前に避妊をすることが大切ですが、それが不可能なこともあります。
性行為後に不安感に襲われた経験があるという女性は多いのではないでしょうか。
アイピルを日頃からお守りとして携帯しておき、緊急時に備えましょう。