ピルで人気なのはトリキュラー

日本で処方されている低用量ピルの中でもトリキュラーが人気です。
クリニックで第一選択肢として処方されやすいピルで、1999年に発売されました。
トリキュラーはレボノルゲストレル糖黄体ホルモンとエチニルエストラジオールと呼ばれる卵胞ホルモンが配合されており、正しく飲むことで避妊効果が得られます。
トリキュラーに含まれるレボノルゲストレルという黄体ホルモンは比較的副作用が出にくいといわれておりマイナートラブルを感じにくい女性が多いため、クリニックで処方されたものをそのまま服用し続けている人が多いのも特徴です。

トリキュラーには21錠のタイプと28錠のタイプがありますが、21錠のタイプは偽薬が入っていません。
28錠のタイプには7錠の偽薬が入っていて、偽薬にはホルモン成分は配合されていませんが、偽薬を飲み続けて次のシートに入ったほうが飲み忘れる心配がない事から28錠のタイプも好んで使われます。
偽薬のない21錠のタイプは休薬期間を自由に設定することが出来ますし、必要のないものは飲みたくないという方や持ち歩くのでなるべくコンパクトな方が良いという方には21錠のタイプも支持されています。
休薬期間が終わったことを忘れないように次のシートを飲み始める日を手帳やスマートフォンなどで管理しておくと安心です。

トリキュラーはより自然なホルモンバランスに近い状態にすることができる事でも注目されていますが、それは独自の三相性という服用している中でホルモン量が変化する特徴がある点にあります。
ホルモンバランスは日々変化しますが、トリキュラーもこの自然のバランス同様ホルモン量が21日間の間で変化するように作られていますので、副作用も出にくく確実に避妊をすることが出来ます。
副作用も出にくく避妊効果が確実で体に負担が少ないという事からトリキュラーはクリニックでも好んで使われる低用量ピルです。
トリキュラーは処方薬ですので婦人科や産婦人科で処方してもらうことが出来ます。

トリキュラーは生理周期の安定も狙える

トリキュラーは避妊を目的とした医薬品ですが、月経周期を安定化するのにも使える薬です。
月経は女性ホルモンの分泌量の変化によって約1か月周期で起こりますが、トリキュラーを服用することによってホルモンバランスを安定化させるため、月経周期が安定しないのが悩みという方にも最適なピルです。

ホルモンバランスが不安定になると、月経周期が安定せずに一か月に2回生理が来たり逆に2か月間月経が来ないという事が起こります。
トリキュラーを服用していると常に一定のバランスに保たれますのでホルモンバランスを安定化させることで不安定な月経周期を安定化させるのに役立ちます。

そのため、クリニックでは生理の周期を安定させたい方や生理痛の重い症状、生理前の不快な症状の改善の為に処方されるケースもあります。
ホルモンのアンバランスによって引き起こされる体調不良は意外と多く、それらの不快な症状はトリキュラーのような低用量ピルを服用することでも解消することが可能です。
特に生理の周期が安定せずに予定が組みにくい、という方はトリキュラーを服用すれば服用している間は定期的に出血が起こりますので旅行や仕事など大切な予定を組みやすくなるメリットもあります。

ホルモンバランスが一定になりますので服用していない時に悩んでいた生理前のニキビやイライラなども解消できるケースが多く見られます。
こうした副効用が多いのもトリキュラーの特徴です。
トリキュラーは高い避妊効果を期待できるだけでなく、副作用も出にくくニキビの解消や生理周期の安定なども期待できますので、生理不順に悩んでいる方にも最適です。
大抵のクリニックでは処方してもらえますので試してみてはいかがでしょうか。