マーベロンで生理日を遅らせることができる

女性の体にはふたつの女性ホルモンが分泌されていて、それぞれが別な働きをして生理が起こります。
毎月のことですが、マーベロンというお薬を使えば旅行の日にちと生理がかぶらないように月経移動することが可能です。

マーベロンにはふたつの種類があります。
マーベロン21とマーベロン28ですが、違いは最後に飲む偽薬と呼ばれる部分です。
明日から旅行だけれども、生理がきそうだからずらしたいという月経移動はできません。
なぜなら、生理は女性ホルモンの分泌によって起こるからです。
生理予定日と旅行が重なるようであれば、早めに対処する必要があります。

マーベロンを常に飲んでいる場合は、生理予定日の1週間前になると服用を辞めたり偽薬のシートを飲むことになります。
しかし、生理を遅らせたい場合は偽薬ではない薬を飲み続けるようにしましょう。
旅行が終わって、いつ生理がきてもいいという状態になったら飲むのをやめたり、偽薬に切り替えることで1週間以内に生理がきます。

日ごろマーベロンを飲んでいない人の場合は、生理になりそうな5日くらい前から服用を開始します。
マーベロンは1日のうちのいつ飲んでも構いませんが、朝食後など一定時刻に飲み続けるのが基本です。
飲み忘れがないように、一定時刻になるとアラームが鳴る設定にすると安心です。
そのまま生理がきてもいい日まで同じ時間に飲むようにしましょう。
服用を辞めると1週間以内に生理がきます。

生理不順の場合は、予定日が自分でも分かりにくいというケースが非常に多いです。
旅行の予定があっても、いつ来るか分からないという不安を抱えるよりは、2カ月ほど前に婦人科を受診してマーベロンを多く処方してもらった方が安心です。
こうすることで生理の周期を整えることができるので、旅行にも安心して行けます。
予定日がずれてしまったという失敗を防ぐことも可能で、薬の効果を試すこともできるので生理不順な人はぜひ試してみましょう。

マーベロンで生理を遅らせると出血が増える

マーベロンで月経移動をして、変更した後の生理は出血量が増えるという女性が多いです。
生理というのは本来28日周期で起こり、妊娠のために子宮内膜が厚くなったものがはがれ落ちるという現象です。
旅行などのためにいつもより長く服用を続けていると、その分子宮内膜が厚くなってしまいます。
厚みを維持することができずに剥がれ落ちてしまうこともあり、これは不正出血となります。
生理をずらす場合は、予定日よりも長くても10日以内にする必要があります。

また、変更後の生理の出血量が増えるだけでなく月経痛がひどくなる女性もいるので注意しましょう。
月経痛というのは元々個人差のあるものですが、薬を飲むことで痛みが強まるわけではなく薬に対する感受性やホルモンバランスの変化によるものが多いです。
初めてマーベロンで変更後の生理を体験するときは、もしかしたら痛みが強まる可能性や出血が多くなることも頭に入れておきましょう。

こうすることで、もし月経痛がひどくなってしまっても体の異常ではないかという不安がなくなります。
1度だけ月経移動したのに、そのあとの痛みなどがいつもの状態に戻るまで数カ月かかるというケースもあります。
いつもマーベロンを飲んでいる女性は安心感があるかもしれませんが、周期を長くすればするだけ子宮内膜は厚くなるので注意が必要です。

いくら毎日マーベロンを飲んでいるという人でも、10日以上の月経移動はしないようにしましょう。
その必要がある場合は、その前の月から計算して行う必要があります。
自分で計算するのが難しければ、マーベロンを処方してもらうときに医師に相談すると安心です。
出血量が増えることなども説明してくれるので、安全に月経移動ができます。